産後ダイエットで腹筋運動はいつから大丈夫?

妊娠すると女性の体は、お腹の赤ちゃんを育てるために
体内にに水分や栄養を溜め込もうとします。

 

また、お腹に負担を掛けないようにして、運動なども中々できません。
このような理由で妊娠中は体に脂肪がつきやすいのです。

 

妊娠すると大きく変化するのは、お腹周りです。
赤ちゃんが大ききなればお腹が大きくなるのも当然ですが

 

赤ちゃん成長とともに子宮が大きくなり
子宮の周りのお腹も皮膚が引っ張られ大きくなります。

 

出産をすれば子宮の大きさも元に戻り、お腹の皮膚も元に戻るので
大きくなったお腹も自然に戻っていきます。

 

徐々に自然に戻っていくなら、そのままにしておいても大丈夫に思えますが
余分な脂肪もついているし、筋力も落ちているので運動をしたいところです。

 

そこで緩んだお腹を引き締めるのは腹筋運動が最適です。
それならば産後ダイエットに、すぐに腹筋運動を始めようと思った方
ちょっと待ってくださいね!

 

産後は、出産で落ちた体力や大きくなった子宮が元に戻るのを待つために
体をゆっくりと休ませる時期です。

 

腹筋運動などの体に大きな負担が掛かる運動は急に始めてはいけません。
最低でも産後一ヶ月は体を休ませてください。

 

産後の検診で医師に診てもらった上で
普段通りの生活をしても大丈夫だと言われてから運動は始めてください。

 

でも、今まで腹筋運動などはしていなかったので筋力は弱っていますので
少しずつ強度は上げていってください。

 

妊娠前はできたと、頑張りすぎると酷い筋肉痛になります。
数ヶ月のブランクは結構大きいですよ。